Sponsored Link

車のエアコンの臭いが気になる時は 日ごろのお手入れと掃除方法

車

6月に入り、梅雨入りも秒読みですね。

梅雨に入る頃から使い始めることの多い、車のエアコンですが、つけた時にいやーな臭いがして困ったことありませんか?

そこで、車のエアコンの臭いの原因と、日ごろのお手入れや掃除方法についてまとめてみましたので、参考にしてみてくださいね。

車のエアコン 臭いのは何故?

車

車のエアコンの臭いの原因は、家庭用のエアコンと同じく、カビです。

エアコンの内部は、使用するたび結露しています。

この結露に埃や汚れが付着して、エアコン内部にカビが繁殖してしまうのです。

つまり、吹き出す臭い空気には、カビの胞子がたっぷり含まれていることになり、狭い車内はカビの胞子が充満している、とも言えますね。

そう考えると、ちょっとこわくて放置できませんよね。

車のエアコンの臭いは、日ごろのお手入れで予防

エアコン

まずは、普段の使い方を見直して、カビが繁殖しづらい状態を作りましょう。

カビは湿気が大好きですから、逆に湿気を除去してあげればカビは生えにくくなります。

ドライブが終わったら、必ずエアコン内部を完全に乾燥させましょう。

手順は、下記の通りです。

  1. エアコン(ACスイッチ)をオフにします
  2. 窓を開けます
  3. 温度・風量を最大にして、10分ほど暖房をかけます

暖房をかける時間は、10分ほどすると完璧なのですが、どうしても時間のない時は1~2分でも効果があります。

車のエアコンの臭いは、フィルターの交換&掃除でシャットアウト

臭い

家庭用のエアコンと同じように、車のエアコンにもフィルターが付いています。

エアコンフィルターを、交換したり掃除したりすることで、車のエアコンの臭いを改善することができます。

実は、自動車メーカーでは、1年ごとのフィルター交換を推奨しています。

交換の時期は、エアコンを本格的に使用する前の、梅雨に入る前の時期が良いでしょう。

フィルター交換の方法は、車種ごとに異なりますので、取扱説明書を確認してくださいね。

交換用のエアコンフィルターは、車種によって適合するものが違いますので、ご自分の車種にあったものを購入しましょう。

ディーラーやカー用品店、ネットで購入することができ、値段は約2,000円~5,000円ほどです。

また、フィルターは掃除することもできます。

こまめに掃除をすると交換の頻度を下げられますね。

基本的には水ですすぐだけでOKですが、メーカー純正品などでは水洗い不可のものもあるので、説明書を確認することをお忘れなく。

水洗いできる物で、ヤニ汚れなどが気になる場合には、中性洗剤を薄めて30分ほど浸け置きすると良いでしょう。

カーエアコンのフィルターは柔らかいタイプのものが多いので、掃除機をかけると変形する可能性がありますから、掃除機の使用はNGです。

洗ったフィルターは、乾いたタオルなどの上に置いて、自然乾燥させます。

まとめ

車のエアコンのフィルターの交換や掃除は、DIYでも可能ですが、とにかく取扱説明書をよく確認して、その手順に従って行いましょう。

無理をして故障をしてしまったら、よけいにお金がかかりますから、難しいと感じたら、迷わずプロに頼んでくださいね。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ