Sponsored Link

空気清浄機の加湿フィルター掃除!クエン酸が有効!

加湿フィルターとパーツ

加湿空気清浄機から、なんだか変な臭いがする…?
臭いはしないけど、フィルター掃除なんて、やったこと無いかも…

そうお考えの方、一度、クエン酸でお掃除してみませんか?

クエン酸は、加湿器のお掃除にも使えます。

加湿機能が付いていない空気清浄機には、クエン酸はあまり効果がありません。
その場合は重曹でのお掃除をおすすめします。

クエン酸の特徴

クエン酸

クエン酸が得意な汚れは、水垢・カルキ・石鹸カス・尿石などです。
アルカリ性の汚れやミネラル分が原因の汚れに強く、
また、消臭・抗菌作用も期待できるのがクエン酸の特徴です。

この特徴を活かして、
今回は加湿空気清浄機の加湿フィルターやその周辺のパーツをお掃除します。

また、他にもトイレ・お風呂・キッチンといった水回りの掃除に大活躍するので、
家にあると便利です。
お試しで少しだけ使いたい…という方は100円ショップで、
ガンガン使っていきたい!という方はホームセンターで購入すると良いと思います。

しかし、クエン酸には苦手な汚れもあります。
例えば、油・皮脂・焦げ付きなどの汚れは苦手です。

よって、空気清浄機の掃除をする際にも、
本体外側についた手垢や、加湿フィルター以外のフィルターの汚れ・臭いは
重曹など、他の洗浄剤の使用をおすすめします。

クエン酸による、加湿空気清浄機のお掃除方法

お掃除前の確認事項

加湿パーツ

まず、取扱説明書を確認しながら、
加湿空気清浄機のパーツを外していきます。
「え!?そこ、外せるの!?」という発見もあるかもしれないので、
必ず、説明書を見ながら、分解しましょう。

説明書の部品の説明のページに、水洗い可能かどうかの説明があります。
水洗いできないパーツには、クエン酸でのお掃除は向いていないので、
使用しない方がよいと思います。

では、どのパーツがクエン酸で洗えるのか?というと、
『使用時に水に触れるパーツ』です。
製品によって使用されているパーツや名称は異なりますが、
加湿フィルター、水を入れるタンクやトレーなどは洗えます。

クエン酸液が肌を刺激することがあります。
気になる方はゴム手袋を着用して、作業しましょう。

加湿フィルターのお掃除方法

フィルター
まず、加湿フィルター全体が入る洗面器などの容器を用意します。
フィルターが大きければ、洗面台やシンクを活用しましょう。

次に、容器にぬるま湯を貯め、クエン酸液を作ります。
分量はぬるま湯1リットルに対して、クエン酸小さじ1を溶かして作ります。

クエン酸液ができたら、加湿フィルターを漬け置きします。
時間は2時間が目安です。

漬け置きが終わり、まだ汚れがついてるようだったら、
歯ブラシなどで優しくこすります。
水洗いをして汚れとクエン酸液を洗い流します。

その後は陰干しして乾燥させてから空気清浄機にセットします。

その他のパーツのお掃除方法

トレイ
タンクやトレーなどの、フィルター以外のパーツを洗う際も、
フィルターと同じ要領でクエン酸液を作ります。
ぬるま湯1リットルに対して、クエン酸小さじ1を溶かしてください。

そのクエン酸液を使って、スポンジや歯ブラシなどで、こすり洗いをします。

タンクの手が届かない部分は、漬け置き洗いをします。
漬け置き時間は2時間が目安です。

こすり洗い・漬け置き洗いが終わったら、水で洗い流し
水気を拭き取ってから空気清浄機にセットします。

まとめ

加湿空気清浄機に使える、クエン酸でのお掃除方法を紹介しました。
空気清浄機には専用の洗剤も販売されていますが、
わざわざ、そこまでしたくない…という方にも、クエン酸でのお掃除はおすすめです。
ぜひ使ってみてください。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ