Sponsored Link

簡単!レンジフード 日ごろの掃除のやり方

レンジフード

レンジフードって、油とホコリでべたべただし、高いところにあるし、でつい掃除をさぼってしまいがちですよね。

でも、汚れたままにしておくと、べたべたして不衛生ですし、実は様々な危険も潜んでいるんです。

そこで、レンジフードの掃除の簡単なやり方をご紹介したいと思います。

汚れたレンジフードには、どんな危険が?

レンジフード

せっかくのお料理が台無し!

調理中に、レンジフードから汚れた油が垂れてきてしまう!なんてこともあるんです。

せっかくのお料理に入ってしまったら、台無しですし、気づかず食べてしまうなんてことも。

火が燃え移る?

油汚れが溜まったレンジフードの下で料理をしていると、レンジフードに溜まった油にコンロの火が燃え移ってしまうかもしれません。

部屋中がべたべたに

汚れがレンジフードの内部に溜まったままにしておくと、換気が十分にできなくなります。

屋外に出られなかった空気が部屋に籠ることで、壁や天井、床などがべたべたに汚れてしまうことも。

レンジフードを日々お掃除する

掃除

レンジフードを徹底的に分解して掃除をするというのは、面倒な作業も多く、難易度が高いので、なかなか手が出せません。

そこで、レンジフードの掃除の簡単なやり方をまとめました。

レンジフード 掃除の準備

用意するもの

  • ゴム手袋
  • 新聞紙または古いバスタオル
  • 重曹
  • 雑巾(2枚)
  • ゴミ袋(2枚)

あると便利なもの

  • スプレーボトル(重曹水用)
  • 割り箸
  • 歯ブラシ
  • リンス
重曹スプレーを作る

レンジフードの汚れは酸性の汚れです。

アルカリ性の重曹は、これを中和して浮かせてくれるので、とても効果的なのです。

また、市販の洗剤よりも肌に優しいので、手荒れを気にせず掃除ができます。

【作り方】

250mlのぬるま湯に、大さじ1杯ほどの重曹を入れてよく撹拌し、重曹水を作ります。

これをスプレーボトルに入れます。

レンジフードの解体

できる部分は解体しておきましょう。

ただし、無理は禁物です。

部品が破損してしまったり、怪我をしたりすることもあるので、取扱説明書を確認して、できる範囲で掃除をするようにしましょう。

簡単!レンジフードの掃除のやり方

やり方

まず、手に汚れが付いたり、部品を取り外す時に怪我をしたりしないように、ゴム手袋をしましょう。

コンロの養生

掃除中にレンジフードから垂れてくる汚れや、部品が落ちてコンロを傷つけてしまうことを防ぐために、新聞紙を敷き、その上からゴミ袋をテープなどで貼り付けます。

新聞紙の代わりに、使い古しのバスタオルを使ってもよいです。

レンジフードの部品

換気扇掃除

レンジフードの部品には、浸け置き洗いが効果的です。

換気扇フィルターなど、各パーツを取り外したら、用意したゴミ袋に入れます。

ゴミ袋に入れたまま、重曹スプレーを吹き付け、20分~30分浸け置きすると、汚れが浮いてきます。

落ちにくいしつこい汚れは、割り端などでこそげ落とします。

レンジフードの外側

レンジフードの外側は、重曹スプレーを吹き付けて、雑巾で拭き取ります。

スイッチなどのボタン周りなど細かい場所は、歯ブラシを使うと汚れが落としやすいです。

リンスでコーティング

部品を元通りに組み立てたら、リンスでコーティングをしましょう。

掃除を終えたら、市販のリンスでコーティングをしておくと、界面活性剤の働きで汚れが付きにくくなり、次の掃除がしやすくなります。

リンスをしみ込ませた雑巾で、レンジフードの表面にリンスを薄く伸ばします。

まとめ

換気扇掃除

レンジフードは、油とホコリからなる汚れが溜まりやすく、掃除がしにくい場所です。

日ごろ、こまめに掃除をしておくと、油汚れによる危険も回避できますし、何より、掃除の大変さが軽減されます。

ご紹介した掃除方法で、こまめに掃除をしておくようにしましょう。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ