Sponsored Link

窓の掃除は、サッシから始めるのが○

窓の掃除というと、まず窓ガラスを拭くことを思いつきますよね。

サッシや窓枠の掃除は、ついつい後回しになったり、しないまま終わってしまったり。

ですが、レールにはゴミやほこりが溜まりやすいですし、窓枠にはカビが生えやすいので、定期的に掃除をすることが必須です。

そこで、今回は、窓の掃除の中でもサッシの掃除の仕方についてまとめました。

窓の掃除 サッシの掃除を始める前に

窓

サッシの掃除は、乾いた状態で行うのが○です。

サッシの隅やレールにたまったゴミは、ほとんどが土汚れですので、濡れてしまうと粘土状になり、掃除がしにくくなるのです。

そこで、窓ガラスを掃除する前に、サッシの掃除から始める方が、簡単に汚れを落としやすくなります。

窓の掃除 サッシの掃除に準備するもの

掃除

サッシの掃除のために準備しておきたいものは、

  • 掃除機
  • 刷毛または古い歯ブラシ
  • つまようじ
  • 水を入れたペットボトル
  • 雑巾
  • 食器用洗剤
  • 食器用スポンジ

です。

特に新しく買い揃える必要があるものは、ありませんね。

ペットボトルの口につけるブラシやスポンジなどがホームセンターなどで売っているので、用意するとより掃除が簡単にやりやすくなりますよ。

窓の掃除はサッシを濡らさずにホコリを取り除くことから始める

サッシ

まずは、乾いた状態で掃除できるところから始めましょう。

掃除機で、レール部分やサッシの隅に溜まっているホコリを吸い取ります。

固まった汚れは、刷毛や歯ブラシでほぐしながら、掃除機で吸い取りましょう。

窓

刷毛や歯ブラシで届かない隙間の汚れは、つまようじで掻き出しておいて、掃除機で吸い取るといいですよ。

窓ガラスも一緒に掃除したい場合は、サッシのホコリを取ったこのタイミングでやりましょう。

次に、食器用洗剤を少量混ぜた水をペットボトルに入れ、少しずつサッシに垂らし、雑巾で残った汚れを拭き取っていきます。

掃除

汚れが落ちたら、サッシ全体を乾拭きして、完了です。

サッシ

窓の掃除 こまめにサッシ掃除をするなら『マンゴースポンジ』

窓

汚れがこびりついていたり、ホコリなどが溜まったりしているときは、スポンジでは汚れを取るのが難しいです。

しかし、ある程度の汚れなら、スポンジを使って掃除をすると、楽ちんです。

食器用のスポンジを縦長の向きにして、縦にカッターで4本ほど切り込みを入れます。

次に、横に5本ほどの切り込みを入れます。

マンゴーをカットしたような『マンゴースポンジ』の出来上がりです。

スポンジを水に浸して水を含ませて、水を零れ落ちない程度にややかために絞ります。

上と横のサッシを、スポンジで拭いていきます。

汚れたスポンジは、こまめに水洗いをしながらやりましょう。

レール部分は、上と横のサッシを拭いた時より緩く絞り、レール部分をスポンジでこすります。

最後に、乾拭きをして、水分を拭き取ります。

まとめ

窓の掃除は、サッシのホコリと土汚れを取り除いてから、窓ガラスの掃除をし、最後に残ったサッシの汚れを落とす、という順序でやりましょう。

日頃、こまめに『マンゴースポンジ』で掃除をしておいて、たまに掃除機と歯ブラシ、つまようじで細かく掃除をすれば、サッシをきれいに保てますよ。

ぜひ、実践してみてくださいね。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ