QLOOKアクセス解析
Sponsored Link

クエン酸×重曹で、さらば・キタナイ排水溝!

使う頻度の高い台所。

シンクは「何とか毎回使うたびに拭いて、きれいにしている!」と言う人も、
さすがに排水溝の部分までは、なかなか手が届き切らないことがありますよね。

季節によっては、何だか生臭いような悪臭がただよって来たり、
ちょっと放置するとすぐにぬめりが出てきたり…と、悩みの種になってしまいます。

これを未然に防ぐために、

「クエン酸×重曹」で楽々定期清掃をしてしまいましょう。

シンクの錆落とし

クエン酸×重曹で、さらば・キタナイ排水溝掃除!

お料理・食事・後片付けがひと段落して、
あとしばらく(数時間程度)はシンクを使わないな…と思った所がタイミングです。

気になる排水溝部分に、重曹をふりかけましょう。

これだけでもいいのですが、さらにそこに、

コップ一杯の水に溶かしたクエン酸(大さじ一ほど)を振りかけます。
(お湯でも、またクエン酸の代わりにお酢でもOKです!)

しゅわーーー!と、

例の泡が出ますので、あとはお任せで洗浄してもらいましょう。

30分~1時間ほどたった後で、水かお湯をざっと勢いよく流してチェック。
水垢やぬめりがきれいにとれて、悪臭の原因もきれいに流れてしまいます。

きつい洗浄洗剤とは違ってお手軽にできますので、ちょくちょく試しておけば、
いつのまにかぬめり・悪臭知らずのピカピカ排水溝になっていますよ!

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ