QLOOKアクセス解析
Sponsored Link

壁についた油性ペンの落とし方

子どもがいると、壁に油性ペンで落書きされたなんてこと、よくありますよね。

今日は油性ペンの落とし方をご紹介します。

子ども 落書き

 

 

 

 

 

 

 

 

まず壁といっても材質が違うので注意しましょう。

壁紙やクロスでもビニールクロスと紙の材質のものがあります。

ビニールクロスの場合

油性ペンなので、油を落とすには油を使用します。

アルコールを使いましょう!

できれば無水エタノールを準備してください。

アルコールをたっぷり含ませたコットンを
しばらくの間油性ペンの落書き部分に当てておきます。

そしてきれいなタオルで押し付けるように拭きとってください。
これを何度か繰り返していきます。

汚れ落としのポイントは押し付けるように拭くことです。

絶対に拭き広げないようにしましょう。

これでかなりキレイになると思いますが
壁紙は凸凹しているので、それだけでは油性ペンの後が残ってしまうかもしれません。

その場合は、歯ブラシにクリームクレンザーをつけて、軽くこすってみましょう。
地道な作業ですが、力を入れすぎないで軽くブラッシングするのがコツです。
そして、きれいなタオルで拭き取ります。

注意点としてビニールクロスは力を入れてこすりすぎたり、
強い薬剤を使用すると壁紙が破けたり、溶けたりしてしまいます。

それでメラミンスポンジや除光液はお勧めできません。

アルコールで時間をかけて繰り返し落としていきましょう。
破けてしまったら、張り替えるしか方法がなくなってしまいます。

紙壁紙、織物壁紙(布クロス)の場合

紙や布材質の場合、ビニールクロスのように濡らしてしまうと
染みがができたり、すぐに破けてしまいます。

それで紙壁紙、織物壁紙の場合には、絶対に水分をかけないようにしましょう。

油性ペンで落書きしてしまったときの落とし方は
消しゴムやメラミンスポンジで軽くこすってみることです。

注意点は力を入れずに軽く、少しずつ落とすことです。

材質が弱いので、すぐに破けてしまいます。
ですから紙の壁の場合には、ある程度しか落とせないと考えたほうがいいでしょう。

我が家では落書きをよくやらかすので、いつやられてもいいように
こういう秘密兵器を常備しています^^

クリーナー30

これがあると一発で油性ペンの跡がキレイになくなるので
重宝してますよー

→ クリーナー30の詳細はコチラから

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ