QLOOKアクセス解析
Sponsored Link

育児と掃除:恐怖の落書きを落とすには?

小さなお子様というのは本当に創作的です。

紙やノートだけにとどまらず・・・

大人が「そりゃないだろう!」と思うような範囲にまで、
創作範囲のキャンバスを広げてしまいます。

普段から「お絵かきは紙の上でね」と言い聞かせても、
机やテーブル、壁や床などへはみ出してお絵かきをしてしまうことがよくあるものです。

今回はそういった「はみだしお絵かき」のお掃除の仕方です。

落書き落とし

落書きの落とし方

鉛筆はとりあえず消しゴムで消えますね。

それで落とせない色鉛筆、水性マーカーは台所用洗剤を含ませた布でこすりましょう。
クレヨンは、「蜜ろう」タイプのものだとこの手法で簡単に消すことができます。

ですが、

油分を多く含んでいるオイルタイプのクレヨン、および油性マーカーは強敵です。

汚れがついて間もない頃なら、台所洗剤でなんとかふき取ることもできるのですが、
時間が経っていったん乾いてしまうと、こすってもこすっても落ちません。

この場合は、必殺「ネイル除光液」の出番です。

ティッシュやキッチンペーパー、布にごく少量を含ませて優しくこすると、
ふき取ることができます。

ただ注意しなければならないのは、除光液の場合、木製家具などの表面を変色させてしまうことが多いのです。

使用はごくごく微量、汚れの表面だけにとどめるよう、細心の注意を払って下さい。

また、予防策としてお子様に「あらかじめ、落ちやすい画材のみを与えて使ってもらう」というのがとても効果的です。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ