QLOOKアクセス解析
Sponsored Link

秋の暖かい季節を利用して年末の大掃除を楽にするコツ

秋 掃除 コツ

秋って実は汚れやほこりなどを掃除するのに最適な時期なんです。

秋が終われば、すぐ年末の大掃除の時期がやってきます。

この大掃除を楽にするコツ、知りたくないですか?

秋の過ごしやすい季節を利用して掃除すれば、わざわざ年末に大掃除する必要なんてないんです。

今回は、秋の暖かい季節を利用して年末の大掃除を楽にするコツについてまとめてみました。

秋に掃除しとけば年末の大掃除がグンと楽になる♪

秋の間にどこを掃除するのがいいのか。。

夏の間にたまったカビやキッチンの油汚れを、寒くなる前に掃除しておく事が、年末の大掃除を楽にするコツ!

カビなどの雑菌は、秋に繁殖のピークをむかえますし、キッチンの油汚れだって暖かい季節に掃除しておくほうが汚れが落ちやすいという嬉しいメリットがあります。

数年前まで、キッチン周りは年末の大掃除までほとんど手をつけなかった私ですが、秋にちょこっと掃除しておくと、大掃除がかなり楽になったんです^^
それから毎年秋になるとプチ大掃除を開始するようになったんですよね~。

油汚れびっしりのキッチン周りは、秋のうちに掃除しておくのがコツですね!

秋のうちにダニなどのハウスダストをしっかり掃除しておく事も、年末の大掃除を楽にするコツの一つです!

秋掃除

ダニが一番多いのは7月から9月の暑い時期!

汗を良くかくこの時期は、布団やカーペットなどにダニがたくさんいるんです。
ちなみに布団を干したからって、ダニは死んでも死骸はたくさんついてます・・。

ダニの繁殖がピークをむかえるのが、秋!
つまりダニの死骸は、秋になるにつれて急増してしまうって事なんですよね。

これを年末の大掃除までためておくと、アレルギー症状が出てきてしまったりするので、秋のうちに掃除しておく必要があります。

お子さんがいるママさん達には共感してもらえると思うんですが、特にダニやホコリによるアレルギーを持つ子供って、喘息が出たり咳がひどくなったりして大変なんですよね・・。

寒くなってくるとよく風邪もひいたりしてしまうので、秋のうちに掃除して、喘息や咳などのアレルギー症状を悪化させないようにするのも一つのコツです。

完璧を目指して掃除をしない事も秋に掃除をする時のコツですね!

年末になればきっとまた掃除するだろうから、なにも秋の時期に気合いを入れて、完璧に掃除する必要はありませんよね。
これぐらいしておけば、後が楽になるだろう!
くらいの気持ちで掃除するのがコツですよ!

秋にキッチンのシンク周りの掃除をする時のコツ

秋 掃除 コツ

まずは、秋にキッチンの掃除をする時のコツ!

先程、秋にはダニの繁殖がピークになるとお話しましたが、キッチンのシンク周りに、カビや雑菌が繁殖するピークも秋なんです。

梅雨から夏の間って、キッチンの排水溝や三角コーナーの掃除をほったらかしにしていたら、カビや嫌な臭いが漂ってきませんか?
これは雑菌がそこにびっしり繁殖しているって事!

雑菌の繁殖がピークを迎える秋の間に、掃除を掃除しておくのも、年末の大掃除を楽にする一つのコツです。

シンク周りの汚れを落とすコツは、ドライヤーの熱を当てる事です。

熱を与える事によって水も乾きますし、汚れも落ちやすくなります。

乾いた後は水で洗うだけですっきりします。
洗剤を使わず掃除できるのも嬉しいですよね。

さらにシンク周りの臭いをとるコツは、キッチン用漂白剤を水に薄めて、それで絞った雑巾で三角コーナーなど、臭いの気になる部分を拭いておく事です。

漂白剤には消臭と殺菌の効果があるので、残飯の臭いを防止する事が出来ますよ。

ちなみに我が家には、残飯を捨てる三角コーナーは置いていません!
三角コーナーってすぐにカビとか生えちゃうし、生ゴミの臭いも気になるから、わざわざ置かなくてもいいじゃん!って思ってるので^^;

生ゴミが出たらすぐ捨てる!
これも雑菌をわかせない一つのコツだと思います。

秋にキッチン周りの油汚れを落とすコツ

秋 掃除 コツ

キッチン周りの油汚れって、いきなり年末の大掃除に掃除したからって、なかなかきれいにならない!
って言う主婦の方がとっても多いんです。

しかも油汚れが蓄積されて、年末に大掃除する頃にはガスコンロの裏とか換気扇とかが、菌の住みかになっている可能性だってあります・・。

毎日調理するキッチン周りは、汚れの落としにくい冬の時期ではなく秋の暖かい日を利用して掃除するのが、油汚れや菌をすっきりさせておくコツの一つです。

重曹やクエン酸を使えば、手肌や環境にもやさしく、しかもエコ!

快適な掃除が出来ますよ。

秋に窓掃除をする時のコツ

秋 掃除 コツ

窓掃除は、冬の乾燥した時期ではなく、湿度の高い秋にするのがコツです。

湿気が汚れを浮かしてくれるので窓もピカピカになります。

年末に窓掃除するのって、寒さで手も痛くなるし、窓もあんまり開けたくないでしょ!?

そんな窓掃除は、秋の暖かい季節に掃除してしまったほうが楽!

特に、朝の霧がかかった日の午前中を狙って窓掃除する!晴れた日でなく曇りの日に掃除する事がコツ!

霧がかかった日であれば、湿度や湿気も高くなるので、掃除もしやすくなりますし、晴れた日よりも少し曇っている時の方が、汚れが目につきやすいです。

あと窓掃除のポイントは、上から下へ、右から左へ拭き掃除する事です。
そうする事で、拭き残しもなくきれいになりますよ。

秋のうちに見えない場所も掃除しておく

秋 掃除 コツ

普段見えない場所を秋の間に掃除しておく事も、年末の大掃除を楽にするコツです。

例えばエアコンのフィルター。
秋になるとエアコンって使わくなるけど、夏には一日中エアコンをフル稼働させていたり、冬になると暖房をかけたりします。

私はいつも秋になると、エアコンのフィルター掃除をある程度キレイにしておきます。

エアコンのフィルターや内部って、すぐにホコリがついてしまうから、アレルギー体質の私は年末まで放っておけないんです。

エアコンを使わない秋は、エアコンの内部やフィルターを掃除するチャンス!

普段は目につきにくいエアコンのフィルターや内部も、再びエアコンを稼動させる季節に入る前に掃除する事も一つのコツですよ。

また、普段あまり掃除しないカーテンも秋に掃除しておきましょう。

寒くなってくると、カーテンを取り外す事も面倒になりがち。。
しかも日が照らないから洗濯物も乾きにくくなってしまいますよね。

なので、カーテンも秋の暖かい時期を利用して掃除しておきましょう。

秋の暖かい時期を利用して年末の大掃除を楽にするコツ まとめ

年末の大掃除って、考えるだけで疲れちゃいませんか?

年末の大掃除を楽にするコツは、秋のうちにおおまかな掃除をしておくという事。

秋の暖かい気温を利用して、普段あまり掃除しない場所や、見えない場所を掃除しておけば、寒い時期に大変な思いをしなくてすみます。

今からでも遅くない!
寒くなる前に秋のお掃除してみて下さいね。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ