QLOOKアクセス解析
Sponsored Link

面倒な窓ガラスとサッシの掃除は家にあるアレで簡単ピカピカに!

窓 サッシ 掃除

さぁて窓開けて空気の入れ替えでもしよっかな♪

って、窓めちゃくちゃ汚れてる!サッシもホコリだらけ・・。こんな経験一度はありますよね。

窓掃除は年末でいいや!って思わずに、せっかくなら暖かい日にピカピカにしちゃいませんか?


これからご紹介するお掃除方法は、どこの家にもあるもので簡単に窓ガラスや、サッシ部分をキレイに出来ます
汚れも気分もパァーっと明るくしちゃいましょう!

家にあるもので簡単に窓をキレイにする方法

用意するもの

・バケツ
・食器用洗剤
・水
・使い古しのタオル2枚(洗剤拭き・水拭き用)
・マイクロファイバー製クロス1枚(から拭き用)

用意するものはたったこれだけ!
ご家庭にあるもので、プロもビックリするほど簡単に窓掃除する事ができます。

窓掃除は「晴れた日」よりも「雲った日」に行う方が汚れがよく見え、落ちやすくなります。

1 食器用洗剤が窓掃除に大活躍!

食器やフライパンを洗うために使う食器用洗剤。
この食器用洗剤が窓掃除にも大活躍!

実は窓掃除のプロの方も使っているほど汚れが落ちるアイテムなんだとか^^
どの家にも必ずあるものだから、わざわざ買いに出る必要もないですね。


バケツに1リットルほど水を入れ、食器用洗剤を数滴いれるくらいでOK。

これで窓をきれいにしていきます。

2 窓に直接スプレーするのはNG

窓 サッシ 掃除

洗剤も入ってるから手荒れも気になるし・・だったらスプレーボトルで窓にシュシュッとかけながら拭いていけばいいじゃん♪

こう思ってしまいがちですが、窓に直接スプレーしてしまうと、液だれしてしまってスジとしてムラの原因になってしまうので、雑巾をそのままバケツの水にいれて、絞ってから窓吹きするのがBESTなんです。

手荒れが気になる人は、手袋を付けてから掃除して下さいね。

3 窓の拭き方

窓 サッシ 掃除 

くるくると雑に拭くのではなく、端から端までキチンと汚れを拭きとりましょう。

右→左→右→左と繰り返し、下まで終わったら次は上→下→上→下というように、汚れを拭きとっていきます。
そうすればムラなく拭く事が出来ます。

4 マイクロファイバー製クロスを使う

仕上げは乾いた雑巾よりもマイクロファイバー製クロスがおすすめ
毛羽立ちがなく、繊維のキメが細かいので仕上げにぴったりなんです。

窓拭きをした時と同じように、右→左、上→下のやり方で丁寧に吹き上げていきましょう。

洗剤が乾くと汚れがこびりついて取れにくくなるので、なるべく乾かないうちにサッと拭き取りましょう。

プロの人はどんなものを使ってる?

高いビルの窓をお掃除しているプロの人を見たことありますよね。
あの人たちが愛用しているのは「水切りワイパー」
ホームセンターにも色んな種類のワイパーが並んでいるけど、プロの人ってどんなものを使っているのか気になりますよね。

お掃除のプロは、金属性のずっしりと重みのあるワイパーを使って窓掃除しているんです。
いくらプロの真似事をしたくても、さすがに重たいワイパーは使いたくないてすよね。

でも、どうしともプロの人と同じようにワイパーを使って窓掃除したいのなら、持ちやすくて軽いものを選んでみて!


拭く時のコツは


・力を入れず滑らせるように汚れを拭き取る事!

・1回汚れを拭き取ったら、ワイパーのゴムの部分を雑巾で拭いておく事!

この2つが、水切りワイパーを使った窓掃除のコツです。

プロみたいにワイパーを使って掃除してみたいという人はチャレンジしてみて下さいね♪

サッシのお掃除方法

窓 サッシ 掃除

窓掃除をした後は、ホコリや髪の毛などが溜まりがちなサッシ部分のお掃除もしておきましょう!

サッシのお掃除の場合は、重曹や洗剤を使わなくてもきれいになるのでOK

まずは掃除しやすいように掃除機でホコリを吸い取っておきます。
いきなり濡れた雑巾で拭いてしまうとホコリなどに水分が含まれてしまって、逆に汚れが取りづらくなってしまいます。

やっかいなのは、掃除機だけでは吸い取りずらい角の部分。
プロは刷毛(はけ)を使ってサッシの角のホコリをかきだしているんですけど、刷毛がない場合は歯ブラシでもOK!
こうすれば掃除機で吸いやすいです。

掃除機でホコリを取ったら次は拭き上げ!
でも濡れ雑巾だと角にたまった汚れまで取りのぞけない!とイライラした事ないですか?

そこで活躍してくれるのが爪楊枝。爪楊枝の先に濡らしたティッシュを巻きつけてサッシの角を掃除すると、スッキリと拭き上げる事ができますよ!


サッシ部分はこれで終わり!

仕上げに酢水を含ませた布で拭くと、あのいや~なカビを予防する事ができるので試してみて!

ついでに力一テンも洗ってしまおう

窓 サッシ 掃除

窓ガラスやサッシがピカピカになっても、カーテンが汚れているとなんだかキレイになった気がしない・・。

しかも窓の内側ってすぐにホコリだらけになってしまうので、カーテンを洗っておくことをおすすめします!

まとめ

窓やサッシ部分は、食器用洗剤や雑巾など、家にあるもので簡単にピカピカにする事ができます。

プロの人もやっているんだからキレイになる事間違いなし!

汚れが気になった時や、年末の大掃除に是非お試し下さいね。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ