QLOOKアクセス解析
Sponsored Link

梅雨のお部屋のカビ対策、出来ていますか?

梅雨のカビ対策

こんにちは。
美奈子です。

梅雨時っていつもジメジメして、
人間にもカビが生えてしまうんじゃないかと
思うくらい湿気を感じる嫌な季節ですよね。

お風呂やキッチンのカビ対策はある程度出来ていても、
意外とリビングなどのお部屋のカビ対策が
おろそかになっているなんてことはないですか?

そんなに湿度が高くないから大丈夫だと思っていても、
それは単なる思い込みかも・・・。

梅雨時の日本では、その湿度の高さから、
普通の部屋にだってカビが生えてもおかしくないですよ。

例えば、窓の周り、カーテン、家電や家具と壁の隙間、ソファやカーペットなどの布製品・・・それこそ挙げだしたがキリがないほど、カビの胞子が付きやすい場所がたくさんあります。

目にはっきりと見えてなくても、カビの胞子は生きていてジワジワ活動しているはず・・・。

カビが発生する要因としては、湿度が70%以上、20℃以上の高気温、
食べかすや人の髪の毛などのゴミ(これがカビの栄養分)があって、
酸素がある場所(酸素のない部屋なんてないケド)にはカビは好んで繁殖します。
梅雨時の部屋なら、どれも当てはまりますよね。

こまめに掃除、いつでも換気でカビを生えさせない!

お部屋のカビ対策、一番有効なのは

こまめな掃除と出来る限りの換気です。

当たり前のことだと思う方もおられるかもしれませんが、
意外と出来てない人も多いのではないでしょうか?

こまめに掃除をしてカビの栄養源を断つことはとても大切です。
そして、出来る限り換気をして、空気を入れ替えること。

雨が降っている時などは、除湿機や扇風機を上手に使って
室内に空気の流れを作ることで少しでも湿度を下げましょう。

晴れた日は、思いっきり窓を開けて、換気をしながら掃除をすること。

一度カビが生えてしまったら、それを除去するのに相当なパワーが必要になるので、
そうなる前に、こまめに掃除しつつ、出来るだけ換気をして、
カビを生えさせないように気を配りましょうね。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ