QLOOKアクセス解析
Sponsored Link

ステンレスシンクの錆落とし

基本的にステンレスのシンクは錆びにくいものです。

では流し台周りのシンクでサビてしまうのはどこでしょうか?

 

だいたいが

水切りカゴや何か物が置いてあった場所です。

その接地面が錆びてしまうんです。

もらいサビともいいますね。

 

ではこのようなサビが出てしまったら、どのように落とせるでしょうか?

ステンレスシンクの錆落としの方法を説明します。

 
シンクの錆落とし
 
1,まず、シンク全体の汚れを中性洗剤で洗い落としてください。

油や普通の汚れをまず落としておきます。

 

2,次にクリームクレンザーをスポンジにつけて、やさしく磨いてください。

掃除のプロが使っているクレンザーはコチラです。
ベトコ・ベストベット946ml

このクリームクレンザーは本当にオススメです。

サビの部分につけて、磨けばほとんど取れてしまうでしょう。

 

これでも落ちない頑固なステンレスの錆びの場合・・・

 

3,酸性洗剤を少しの時間湿布して、もう一度クレンザーで磨きます。

酸性洗剤は長時間放置すると、ステンレスが焼けてしまうので注意が必要です。

例えば、サンポールを使ってみましょう。

あの、トイレ掃除とかに使う有名な洗剤です。

 

まずサンポールを錆びている箇所に薄く伸ばしてください。

2,3分したらすぐに、クレンザーをつけたスポンジで磨き

水を流して拭きあげてみましょう。

これを何度か繰り返してみてください。

 

サンポールはけっこう強い洗剤なので、

長い時間の放置だけはしないように。

 

もし危ない洗剤はなるべく使いたくないという人は

少し高いですが、プロが使うコチラの酸性洗剤をオススメします。
サビ落し・トイレクリーナー

 

この洗剤は10分位はつけ置きしても大丈夫です。

そしていろいろな場所のサビ落としに使えるので便利かもしれません。
では、ステンレスシンクの錆落としにチャレンジしてみましょう!

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ