QLOOKアクセス解析
Sponsored Link

食洗機の掃除は専用洗剤を使ってピカピカに!洗剤タイプ別メリット・デメリット

年末 掃除 コツ

食洗機を掃除するための洗剤は、ホームセンターなどにたくさん列んでいます。
だけど食洗機専用の洗剤の種類も様々で、どんな洗剤で食洗機を掃除するのがいいのか、使い方はどうなのか
食洗機を使い始めたばかりの方は特にこう感じるのではないでしょうか?

食洗機の洗剤は、種類やタイプによって特徴も違ってくるので、
使用目的にあった洗剤を選ばなければいけません。

今回は、食洗機の掃除に使用する洗剤の種類・メリットやデメリット、使い方などについて、詳しくお伝えしていきたいと思います。

食洗機の掃除に使用する洗剤はどんなもの?それぞれの洗剤にはメリットやデメリットがある

食洗機 掃除 洗剤

一般的に、食洗機を掃除するための洗剤は
タブレットタイプ・ジェルタイプ・パウダータイプといった、3つのタイプに分けられます。

でもどのタイプが1番使いやすいのか、洗浄力が高いのか、パッケージを見ただけじゃ分かりませんよね。

そこで、タブレットタイプ・ジェルタイプ・パウダータイプのそれぞれの
メリットやデメリットについてお話ししたいと思います。

タブレットタイプ洗剤のメリット・デメリット

→ フィニッシュ タブレット

メリット

タブレット洗剤は、で片手でポンっと使う事が出来るので、
計量するなどの手間が省けます。

タブレット洗剤の中はジェル状になっているので、
洗剤がよく溶けてくれる性質がありますよ。

また、タブレットタイプの場合は中性なので、
水道水の中に含まれるミネラルに反応するので水垢もピカピカになります。

デメリット

計量いらずで手間いらずなタブレットタイプのですが、
価格が少し高め・・。

なので、何度も食洗機の掃除をするとなると、それだけお金もかかってしまいますね。
水に溶けにくいのもタブレットタイプのデメリットと言えるでしょう。

タブレットタイプの場合、保存しているとタブレット同士がひっついてしまう事があるので、一つずつ包装されているものを選ぶと良いです。

ジェルタイプ洗剤のメリット・デメリット

→ ジョイ ジェルタブ の詳細はコチラから

メリット

ジェルタイプはタブレットタイプと同じ中性です。

また、水分中のミネラルに作用してくすみを除去してくれるので、
こちらも食洗機の水垢が気になる時におすすめです。

さらにジェルタイプは水によく溶けるので、洗剤の溶け残りがないというのがメリットの一つです。

デメリット

洗剤の溶け残りの心配がないジェルタイプの食洗機用洗剤ですが、洗浄力はあまりないですね。
なので油汚れを落とすという点では、ジェルタイプの洗剤は不向きです。

パウダータイプ洗剤のメリット・デメリット

→ フィニッシュ パワー&ピュア パウダー

メリット

パウダータイプの洗剤は、何といっても洗浄力が抜群!

アルカリ剤と漂白剤の成分が含まれているので、
カレーやトマトソースなどの頑固な汚れ落としには、パウダータイプが1番いいですね。

洗浄力はあるものの、泡立ちがないので、残菜フィルターへの目づまりも気になりません。

デメリット

パウダータイプですから食洗機内に粉の成分が固まりやすく、水アカがつきやすいとされています。

この水垢が気になる!という方には、
パウダータイプの洗剤は向いていないと思います。

食洗機を掃除する際の洗剤の使い方や注意点

注意

食洗機を掃除する際の洗剤には、3つのタイプがありますが、
この洗剤をどこにいれてどうやって掃除すればいいかが問題。

まず、ジェルタイプとパウダータイプを使う場合は、洗剤を必ず「洗剤投入口」に入れて食洗機の掃除をします。

洗剤投入口の下は、プール状になっていて、最初の行程でタンクに入ってきた水が
そこに溜まって、洗剤が溶ける仕組みになっています。

なので投入口から洗剤を入れないと、

濃い洗浄液を作ることができないので、洗い上がりに影響することになるのでご注意を!

一方タブレットタイプの食洗機用洗剤の場合は、
洗剤投入口がある・無しにかかわらず、残さいフィルターの上に置いてから食洗機の掃除を始める事が基本です。

食洗機に洗剤投入口がない場合は?

食洗機 掃除 洗剤
引用元:http://blog-imgs-50-origin.fc2.com/t/a/f/taffy1101/IMG_0449.jpg

食洗機のメーカーによっては、洗剤投入口のない場合もあります。

この場合は、ジェルタイプもパウダータイプも、
小物カゴとヒーターとの近くに洗剤をいれるようにしましょう

残さいフィルターの周辺に洗剤を入れると、最初の行程で排水と一緒に流れてしまう事があるので十分に注意しましょう。

食洗機専用洗剤の使い方

①まずは基本的な事から!食器を取り出し、残さいフィルターを掃除して元どおりセットします。

②標準コースで約5分運転し、一時停止ボタンを押して運転を一時停止します。

③フタを開け、食洗機専用洗剤を庫内に入れ、フタを閉めます。

④スタートボタンを押して終了するまで運転します。

⑤水の当たりにくい部分に白い汚れが残る場合には運転終了30分以降に、ナイロンたわし等で軽くこすると落ちますよ。

食洗機専用洗剤の基本的な使い方はこんな感じです。

ただ、使う洗剤のタイプによっては、洗剤を入れる場所が違ってくるので、そこだけは十分注意してください。

食洗機掃除専用の洗剤と台所用洗剤って何が違うの?

食洗機 掃除 洗剤
引用元:http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/t/tokaco/20160302/20160302002639.jpg

食器を手洗いをする時には、台所用洗剤を使うんだから、
食洗機の掃除をするときも台所用洗剤で十分じゃないの?

こう思っている方も少なくないと思います。
でもこの考え、完全に間違ってます!

発泡性の高い一般の台所用洗剤を、ちょっとでも食洗機に使ってしまうと、
食洗機の強い噴射によって食洗機の庫内が泡だらけになってしまいます。

そうすると水漏れセンサーが働いて運転が止まったり、洗浄ノズルが泡を吸い込んで回転不良を起こしたりしてしまうので、故障の原因になってしまうんですよ。

なので、食洗機の掃除をする際は、必ず食洗機専用の洗剤を使って下さいね。

まとめ

食洗機の掃除は定期的にしておかないと、水垢や油汚れがたまってしまって、
カビやイヤな臭いの原因になってしまいます。

食洗機専用洗剤には、様々なメーカーからいろんな種類やタイプの洗剤が出ていますから、どういう汚れを落としたいのか、手間をかけずに掃除したいのかなど、

食洗機に対する悩み別に洗剤を使い分けて掃除すると、
いつでもピカピカな状態が保たれると思いますよ。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ