QLOOKアクセス解析
Sponsored Link

ガスコンロのひどい油汚れの落とし方

ガスコンロの周りは油汚れとコゲで大変ですね。

ここのひどい汚れの落とし方を説明します。

 

五徳やガスコンロの受け皿

40度位のお湯にマジックリンを入れて、半日くらいつけ置きします。

そして浮いてきた汚れをスポンジなどでこすり洗いしましょう。

 

ガスコンロのトップ面の汚れ

五徳周りのトップ面もコゲでなかなか落ちないところです。

そこにはマジックリンをスプレーして、サランラップを張ってください。

湿布法というやつです。

 

一時間くらい経つと汚れが浮いてくると思います。

スポンジで軽くこすってみてください。

力を入れすぎて強くこすると、塗装が剥げてしまうので注意しましょう。

 

ガスコンロの油汚れがしつこい場合

つけ置きしても、湿布法しても落とせない時は

こそげ落とすしかありません。

 

そんなときはクレンザーを使ってみましょう。

一般的に有名なクレンザーは「ジフ」ですね。

→  クリームクレンザー ジフレモン

 

ジフでもけっこう落ちると思いますが、

プロの掃除屋が使っているクレンザーはこれです。

 

このベストペットというクレンザーとてもいいですよ。

リュウジも毎日愛用しています。

値段も安く、すごくきめ細かいのでどんなところにでも使えます。

 

このクレンザーを油汚れが固まっている

五徳やガスコンロ周りに少し出して、スポンジでこすってみましょう。

 

焦げも汚れもかなり落とせるはずですよ。

 

ガスコンロのひどい油汚れの落とし方

わかっていただけたでしょうか?

 

よくわからない時、なかなか汚れを落とせない時

いつでもリュウジにご相談ください。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ