QLOOKアクセス解析
Sponsored Link

床の抜け毛に悩まされる前に

床の抜け毛

皆さん、突然ですがどんなヘアスタイルをされていますか?

つややかなロングヘアがご自慢の女性、
しかしあなたは一方で、床にからみつく「ゴミとしての髪の毛」に、
悩まされてもいませんか?

これは髪を長くしている女性にとっては、宿命のようなものです。
よっぽどのベリーショートでもない限り、住まいの至る所に拡散した抜け毛は、
異様な存在感を放ってしまうんですよね。

掃除機をまめにかけても、毎回大量に抜け毛が出てきてため息をつく人も多いでしょう。
サイクロン式の掃除機を開けると、
ボール状になった髪の毛があってビックリするかもしれません。
カーペット敷きのお住いの方は、粘着ローラーが髪の毛でいっぱいいっぱいになってしまい、
その他のゴミを吸着できなくてイラッとしたことはありませんか?

ゴミ・汚れを少なくするにはその元を絶て、というのが定石ですが、
だからといってスッキリ修行僧スタイルにすることもできません。

というわけで、この

強敵・抜け毛を「早いうちにキャッチ」してその拡散を最小限にとどめる作戦

です。
ドライヤーは部屋の隅に立ってかけ、
終わったらすぐに周囲の床に散った抜け毛を集めて、ゴミ箱へ。

このために、お風呂に小型ワイパーを置いておくのも手ですね。

また、髪をおろしておくと自然に抜け毛は家中に広まりますから、
まとめるスタイルに変える、というのも手っ取り早く効果が出ます。

さらに、抜け毛を待たずに定時間にブラッシングをしてしまい、
その際に一網打尽にしてついでにプチ・床掃除をするのもおすすめです。

頭にくっついている間は、何といっても大切な髪の毛。
床に落ちて不快なゴミになる機会を、
できるだけ減らして過ごしたいものですね。

床の抜け毛

お掃除に助っ人を頼む場合は…

掃除に情熱を燃やす方、燃やさなくてはいけないけどなかなか不燃な方、
それでも掃除に重きを置いている点で、皆さんはすでに

「ピカピカ住まいへの第一歩」

を踏み出しておられます。
焦らずたゆまず、頑張りましょう!

ですがしかし、「掃除」と言うのは殆どが孤独な戦いです。
汚れ・ホコリ・水油etc…と言う強敵たちは、互いに結合してこちらに戦いを挑んできますのに、
迎え撃つのが孤軍奮闘では疲れて当たり前というものです。

ひとりで奮闘するのに疲れたら、

家族など周囲の人に助力を求めましょう。

それは決して、あなたの弱さではありません。

また、自分では苦手とする分野なのに、他の人なら全然苦にならないで作業がはかどる!
という場合もよくあるのです。

実例ですが、私は非常な小柄で、高い部分を掃除するのはかなり苦手なのです。
特に窓ガラスを掃除するのは一苦労。
ですのである時、大柄な主人に頼んでみた所、
「いいよ!」と二つ返事で引き受けた上、ごくごく短時間で済ませてくれました。
私がやるより、ずっと「楽」に作業を進めてしまったようです。
適材適所、という考え方は、お掃除にもあてはまるんですね。

ただ、こういった助力を乞う場合に一番大切なのは、

その結果がどうであれ「必ず派手に感謝して、かつ褒めまくること」

これに限ります。
間違ってもダメ出しは絶対にしてはいけません。

こうして、掃除に関する助っ人の印象を良く保っておけば、
次回以降もきっと助けてくれる
でしょうし、
さらに助っ人自身のお掃除スキルも発展していくことでしょう。

孤独な作業のお掃除ですが、
時々誰かと楽しく済ませてしまうことができれば、本当に嬉しいですね。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ