QLOOKアクセス解析
Sponsored Link

面倒な浴室の排水口や排水パイプの掃除は重曹とクエン酸にお任せ!

浴室 排水口 排水パイプ 掃除

お風呂でシャンプーをしていて、「何だか臭い・・」、「水の流れが悪いな」と感じた事ってありませんか?

浴室の排水口は、髪の毛などがからまったり、汚れがすぐ溜まってしまいます。
でもいざ掃除をしようとすると、ヌルヌルしていて掃除するのをためらってしまう・・。
だけど汚れやつまりをそのまま放置しっぱなしだと、悪臭が漂ったりすることもある厄介や箇所です。

そうならないためにも、定期的に浴室の排水口をきれいにしておきたいと思いますよね。

今回は、排水口や排水パイプをスッキリきれいにお掃除する方法をご紹介しようと思います。

1 浴室の排水口や排水パイプの掃除は重曹とクエン酸にお任せ!

浴室 排水口 排水パイプ 掃除

お風呂の排水口掃除に役立つのが「重曹」「クエン酸」

重曹とクエン酸を組み合わせたときに発生する泡の力で、排水口の汚れや匂いをスッキリきれいに落としてしまいましょう。

用意するもの

・重曹
・クエン酸
・スポンジ
・歯ブラシ
・ゴミ袋
・ゴム手袋
・マスク

重曹とクエン酸を使った排水口と排水パイプの掃除のやり方

①まず、排水口のフタを外し、汚れを受ける目皿や、排水トラップという排水口の奥の方にある筒のようなものなど、取り外せるものを外しておきます。

匂いが気になるって人は、マスクをつけるのをおすすめします!(私はいつもマスク着用しています・・^^;)

②排水口にからまったゴミや髪の毛をきれいに取ってゴミ袋に入れておきましょう。
少し匂いが気になるけど、ここできちんとゴミを取っとおく事が大切!排水口をよりキレイにする事が出来ますよ。

③重曹を直接100mlほどドバッと排水口にふりかけ、その上から重曹の半分の量のクエン酸の粉を一気に入れます。
重曹とクエン酸を入れたら、コップー杯程度のぬるま湯を上から流し込みます
すると、重曹とクエン酸の力でモコモコとした泡が発泡するので、そのまま20分ほど放置します

④放置している間に、取り外した目皿や排水トラップなどの汚れをスポンジでこすってキレイにしておきます。
細かい部分は使用済みの歯ブラシを上手に活用して下さいね。

⑤あとはそれぞれシャワーで流して汚れを落とします。
放置していた排水口は、できれば水ではなくぬるま湯を使って流す事をおすすめします。
水よりもお湯の方が汚れを浮かして落とすには最適だからです。


とは言っても、あまり熱いお湯を使ってしまうと配管を傷めてしまう可能性があるので注意しましょう!

最後に取り外したパーツをはめ込んで、排水口のお掃除は終了です。

2 プロもビックリ!排水パイプを見違える程キレイにできるアイテムとは?

プロが排水口の掃除の時によく使っているのは、ワイヤーや高圧洗浄機
一般的な家庭でこのような器具を使うのはちょっと難しいし、掃除のやり方が間違っていたら大変な事になりかねません。

そこでおすすめするのが「ピーピースルーF」

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

【ピーピースルーF】

ピーピースルーFは排水管のつまりを化学反応の力によって速やかに溶かして流れを解消する、プロも認める業務用の洗浄剤です。


浴室の排水パイプだけでなく、トイレや台所にも使えるので、一本持っていれば家中の排水パイプをきれいにできますよ。

3 排水口の掃除は定期的に!

浴室 排水口 排水パイプ 掃除

お風呂の排水口掃除って、パーツを外したり、絡まった髪の毛を取り除いたりと結構面倒な箇所なんですよね。
だけどそのまま放置したままだと、汚れももっとヒドくなるし悪臭もしてきます。
そんなお風呂に入るのはちょっと・・って思いませんか?


本当は毎日掃除するのが理想ですけど、それはなかなか難しいっていう主婦の方がほとんどですよね。
なのでせめて週に1回はスポンジとゴミ袋を手にしてお掃除してみてはどうでしょうか。

排水口をキレイにしておくと人間関係がよくなるみたいですしね^^

まとめ

放置しがちな浴室の排水口や排水パイプは、定期的にお掃除すればそれほど汚れもついていませんし、運気もUPします。

ホームセンターや100円ショップでも手に入る重曹とクエン酸を使えば、気になる汚れや匂いも簡単にスッキリさせる事ができますよ。

そういえば最近掃除してないなと思った方は、今から排水口のお掃除を実践されてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ