QLOOKアクセス解析
Sponsored Link

トイレの床やフローリング掃除のポイントは?

トイレ内の床は、他の部屋の床と違って

狭くてホコリや汚れがいっぱいで掃除が大変ですね。

 

子どもがいるお家ではいつもトイレが汚れて

困っているお母さんも多いでしょう。

 

トイレの便器内や手洗い部分も洗いますが

床をしっかり掃除しないと匂いの元が取れません!

 

今日はトイレの床掃除のポイントをお伝えします。

 

まず床の素材がお家によって違うと思います。

たいていの家ではCFつまりクッションフロアというビニール素材ですが

フローリングの家も時々あります。

 

1,クッションフロアの床の場合は、

床材がデコボコしていることを覚えておきましょう。

それでブラシを必ず用意しましょう!

 

こんなブラシで十分です。
 
掃除の達人すみっこブラシ
 

 
掃除方法は、まずマジックリンなどの中性洗剤を

クッションフロア床にまんべんなく吹き付けます。

 

そして全体をブラシでブラッシングしてください。

 

そのまま10分位おきます。

 

だんだん汚れが浮いてくるのがわかると思いますよ。

あとは洗剤を雑巾で拭き上げ、何度か水拭きしてください。

 

2,トイレの床がフローリングの場合は

あまり水に濡らすことができません。

 

掃除するときには、スポンジに中性洗剤を吹きかけ

床全体を軽く磨きます。そしてすぐに雑巾で拭き取りましょう。

 

フローリングは本当に水に弱いので、水浸しにならないよう注意しましょう。

 

それほど汚れていないフローリング床であれば、

あまり濡らさないで掃除する裏技があります。

 

それはマイクロファイバークロスを使うことです。

 

いろんなマイクロファイバーがありますが

これくらいのもので十分です。

 
マイクロファイバークロス
 

 
できたら厚手のほうがいいですね。

 

バケツに中性洗剤をを薄めた洗剤液を作り

マイクロファイバークロスを入れて、固めに絞ります。

あとはそのままトイレ床を拭きあげるだけです。

 

かなりキレイになり、びっくりされると思いますよ♪

 

→ マイクロファイバークロスの詳細はコチラから
 
トイレの床をキレイに掃除して

臭いのもとを徹底的に除去していきましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ