QLOOKアクセス解析
Sponsored Link

重曹とクエン酸でお風呂のエコ掃除

お風呂掃除に重曹とクエン酸を使う方法を紹介します。

 

重曹で落ちるお風呂掃除

特に浴槽、バスタブの汚れ落としに向いています。

浴槽につく汚れは、人の皮脂や汗が流れでた汚れです。

アルカリ性の重曹を使いましょう。

 

クエン酸で落ちるお風呂掃除

水垢にクエン酸は効きます。

 

水道水の中にはケイ酸という白い物質が溶け込んでいます。

それで水が蒸発すると白い物質の固まりができます。

これがケイ酸あるいはシリカスケールといいます。

 

お風呂の蛇口回りやドア、浴槽の縁に白いカリカリした汚れがありますね。

このシリカスケールを落とすのにクエン酸は効果的です。

 

でも水道水に含まれるミネラルは固い金属です。

ですから水垢を落とすには、クエン酸を何度も使って時間をかけて落としましょう。

 

またクエン酸は石鹸カスにも効果的です。

これは石鹸が水に溶けて、

水道水に含まれるミネラルと化合してできたものです。

 

お風呂の浴槽立ち上がり部分(エプロン)や浴室壁の下半分、

洗面器やイスに付いているような少しベットリした汚れです。

 

そして石鹸カスの場合は、水道水のミネラルだけでなく

石鹸の脂肪も含まれているので、重曹も使ってみるといいでしょう。

 

このようにお風呂の汚れに合わせて、重曹とクエン酸を使い分けることが

汚れを落とすための大切なポイントです。

 

「この汚れが何の汚れなのかわからないです」 と言われるでしょう。

ほとんどの方がそうだと思います。

 

ではまず、重曹水で浴室全体を洗ってみましょう。

洗剤をスプレーで吹きかけ、スポンジでこすり、水を流します。

 

次に重曹掃除でも残った汚れにクエン酸を使います。

 

それでも残ってしまう固い汚れには、

重曹を粉のまま汚れにふりかけ、スポンジでこすりましょう。

重曹の研磨作用で汚れを落とします。

 

これでお風呂はピカピカですね♪

 

では重曹とクエン酸を上手に使って、お風呂掃除がんばりましょう!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ