QLOOKアクセス解析
Sponsored Link

合成洗剤とは?

合成洗剤が普段一番良く使う洗剤ですね。

合成洗剤とは何でしょうか?

合成洗剤の主成分は界面活性剤です。

界面活性剤には油と水を結びつけやすくする働きがあって、汚れを材質から離して落とす作用があります。

専門的な話しになりますが、もう少し詳しく説明しますね。

 

例えば、水と油は交じり合わないと言われています。

この水と油の間には界面という、2つの性質の異なる物質の境界面があります。

界面活性剤は、この界面に働いて界面の性質を変え、水と油を交じり合わせることができる大切な役割があるんです。

石鹸も界面活性剤なんですよ。

 

ただ合成洗剤の場合は、石鹸ではなく

石油で合成されて界面活性剤が作られています。

その主成分である界面活性剤に、

助剤が足されて、液性が酸性・弱酸性・中性・弱アルカリ性・アルカリ性の5段階に分かれています。

 

このように石油などで合成されて作られている洗剤のことを

合成洗剤といいます。

 

ですから環境問題や人体の影響を考えて

天然素材の洗剤や石鹸、重曹の方がいいと考えている人が多いですね。

 

しかし汚れを落とすには、合成洗剤のほうが

短時間でしかも、綺麗に落とすことができるんです。

この合成洗剤のメリット、デメリットをよく覚えておきましょう!

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ