Sponsored Link

住まいのダイエットで紹介されたホコリだらけの家になってしまう原因とは

住まいのダイエット ホコリだらけの家 原因

テレビ朝日系列の朝の情報番組「住まいのダイエット」では、毎回お掃除のプロによって物であふれた住まいをスッキリ片づける技が伝授されています。

今回放送されたのは、色んなところにホコリが溜まってしまうホコリだらけの家を掃除するといった内容でした。

ホコリだらけの家になってしまう原因とともに、お部屋の片づけ術についてご紹介していきたいと思います。

自然とホコリだらけの家をつくってしまっている…その原因とは?

住まいのダイエット ホコリだらけの家 原因

掃除をしても何日か後にはまたホコリだらけになってしまっている!、こんなとこにもホコリが…!?などといった経験をされている方もいらっしゃると思います。

普通に生活していてもホコリはでてくるものですが、なぜかホコリだらけになってしまう箇所もありますよね。

ホコリだらけになってしまう原因は2つ!
「物が多すぎる」、「物がありすぎて部屋にゆとりがない」
という事がホコリだらけの家をつくってしまっている最大の原因なんです。

例えば収納するスペースがなく、フローリングに雑誌を積み重ねていたら、そこにホコリはどんどん溜まっていってしまいますよね。
キッチンのテーブルに物をだしっぱなしにしてしまっていると、その周りには常にホコリが溜まってしまいます。
必要のない物が多いだけで、お部屋はホコリだらけになってしまいます。

まずは不必要な物をきちんと処分する事。
これだけでホコリの溜まり具合もかなり変わってきます。

住まいのダイエットにお掃除の依頼をされたお宅も、物がありすぎるせいでお部屋が狭くなってしまっている状態でした。
結果、掃除がしにくくなりホコリだらけの家になってしまっていたんです。

この問題を解決するために、お掃除のスペシャリストさんが掃除を楽に終わらす事のできるお掃除&収納術を教えてくれました。

住まいのダイエットて紹介されたお掃除のポイント

住まいのダイエット ホコリだらけの家 原因

住まいのダイエットで紹介されたお掃除のポイントはいくつかありますが、まずはいるものといらないものを整理する事が大切です。

物がたくさんあると必要なものを取り出す時にも不便ですし、掃除もしにくくなってしまいます。

今回の依頼者のお宅から出た不要品は重さにして480kg。
不要品を処分したら、毎日のお掃除もグンと楽になりますし清々しい気分にもなりますね。

さて、いらないものの整理がついたらいよいよホコリだらけの家をお掃除していきます。
お掃除ポイントは5つ!

1 棚の上に物を置かない事
2 クローゼットの中はシンプルに
3 出しっぱなしにしない
4 物を置きすぎようにする
5 物と物との間隔をあける

上記5つのポイントを抑えれば、ホコリだらけの家になってしまう心配はありません。

置きっぱなし、出しっぱなしはホコリだらけの家になってしまう原因となります。
普段から使った物を棚や机の上に置きっぱなしにしないよう心がけるだけで、お掃除の負担も減ります。

子供のおもちゃや小物類はふた付きの収納箱や、引き出しタイプの収納アイテムを利用すれば、箱の中にホコリが溜まる事はありません。

そして、物と物との間隔をあける事も、ホコリだらけの家をつくらないためのポイントとなります。
例えば寝室のベット周りに家具を置いてしまうと、ホコリがそこに集中して溜まってしまうし掃除もしにくくなってしまいます。

クローゼットの中に関しても同じで、衣類を詰め込みすぎてしまうと、取り出す時にも苦労してしまうし、ホコリが溜まってしまう原因にもなります。

お部屋にインテリアを置いておしゃれにしたい方もいらっしゃるでしょうが、大切なのはホコリだらけの家にならないようなお部屋作りをする事がポイントとなります。

ホコリがあると、アレルギー症状を引き起こす原因にもなるので毎日きちんと掃除しておいたほうがいいですよね。

まとめ

今回の住まいのダイエットでは、お掃除のプロの手によってホコリだらけの家をピカピカにする事が出来ました。

ホコリだらけの家になってしまう原因は、物の置きすぎや出しっぱなしによるものです。
ホコリは普段目に見えないところにもたくさん溜まってしまっています。
家具の配置を考えたり、きちんと収納するだけでホコリだらけの家から解放されるんです。

今回ご紹介したお掃除のポイントを参考に、ホコリ知らずのお部屋作りを目指してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ