QLOOKアクセス解析
Sponsored Link

スーツケースの汚れの落とし方

スーツケースの汚れ

ソフトキャリーケースは軽くて持ち運びしやすく、
海外旅行にも使えてとても便利ですよね。

ですが、ハードスーツケースにはない欠点があります。

それは、表面がとても汚れやすく、
しかもその汚れがとれにくいという点です。

布製とはいっても、ナイロンやポリエステルなので
多少は汚れをはじきますが、

一度染み込んでしまった汚れを取るのは大変です。

あらかじめ防水スプレーをかけておき、
汚れたらすぐに濡れタオルで拭くのが効果的ですが、
シミになってしまった場合はどうすればいいでしょうか。

スーツケースの汚れを手軽に落とすには

薄い汚れなら、プラスチック消しゴムで軽くこすってみます。

意外とよく汚れがとれますが、
繊維の隙間に消しゴムのカスが詰まって、
見た目が悪くなってしまう場合があるので注意が必要です。

完全に染み込んでしまった汚れは、
濡れタオルに中性洗剤を少しつけて拭いてみます。

それでも落ちないようでしたら、
スポンジや歯ブラシに中性洗剤を少しつけて軽くこすってみましょう。

ケース表面のコーティングが剥がれてしまう可能性があるので、
どちらの方法でもできるだけ洗剤の量を少なくし、
あまり力を入れずにこするようにしてください。

仕上げに、きれいな濡れタオルで洗剤を拭きとるのも忘れずに。

スーツケースの汚れがひどい場合の対処法

中性洗剤で落ちない場合は、油汚れかもしれません。
ベンジンやエタノールを綿棒に含ませ、汚れた部分を叩きます。

汚れが浮いてきたら濡れタオルで拭いてみて、
まだ汚れが残っているようなら中性洗剤を含ませた濡れタオルでこすります。

このように、家庭にある物や他の掃除にも使える薬品類で
ある程度の汚れを落とす事はできますが、

頻繁に汚れるようであれば、合成繊維専用のクリーナーを用意しておくと便利ですよ。

専用クリーナーだけあって、かなり手強い汚れも落とす事ができます。

外では常に地面近くにある物ですから、
汚れ対策だけでなく、衛生的な面でも拭き掃除は大切です。

こまめにお手入れをして、お気に入りのキャリーバッグを長持ちさせましょう!

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ