そろそろフローリングワックスの塗り替え時かなぁと思っているあなた。

実はフローリングって毎回強力な剥離剤を使っても、ワックスを重ね塗りし過ぎてもダメって知ってましたか?

フローリングワックスの塗り替えはどのくらいで、どういう風にするのがベストなのか。

重ね塗りするならどのくらいが良いのかをご紹介していきたいと思います。

フローリングワックスって重ね塗りしても大丈夫なの?

フローリングワックスは基本的には重ね塗りしても大丈夫です。

ただし、重ね塗りするならうす塗りで2回、3回目までがベストです。

重ね塗りをすると強度も増すのでオススメです。

ただし、フローリングワックスは重ね塗りしすぎてもデメリットが生じます。

このデメリットについては後ほどご説明していきますね。

フローリングワックスの重ね塗り!注意するポイントは?

フローリングワックスを重ね塗りする時は、まずは出来るだけゴミを取り除きましょう!

最初に掃除機で大まかなホコリやゴミを取り除き、その後は軽く弱めの洗剤で床をキレイにします。

洗剤を使う際は水拭きで洗剤が残らないように、しっかり拭き取りましょう。

洗剤が残っているとフローリングワックスが定着しづらくなります。

そのあとしっかりフローリングを乾燥させます。

1時間ほど置くと良いでしょう。

キレイになったら、うす塗りを心がけて再度ワックスを塗ればOKです。

うす塗りで何度もするのが面倒だからといって厚塗りはやめましょう。

乾くのに時間がかかり過ぎて、白く濁ったりムラが出来る原因になります。

フローリングワックスの重ね塗りって何度もするとダメ?重ね塗りし過ぎのデメリット

フローリングワックスは何回か重ね塗りすると、ほとんどの場合強度が増します。

ただし、だからといって重ね塗りし過ぎると、いざという時に今度は剥離出来なくなってしまうんです。

剥離作業がものすごく大変になります。

フローリングワックスは大抵はアクリル樹脂が使われています。

樹脂って硬いコーティングされたイメージがありますよね?

それが何度も何度も塗り重ねられてガチガチに固着してしまったら、剥離剤を何度も使わなくてはいけないので大変です。

剥離剤は使いすぎるとフローリングを傷めますし、ブラシも傷が気になりますよね。

また、重ね塗りをし過ぎるとフローリングワックスが定着しなくなる場合もあります。

それだけでなくワックスがだんだん黒ずんできて汚くなってしまいます。

そのような時は一度ワックスをキレイに剥がして塗り直しましょう。

まとめ

さて、いかがだったでしょうか。

最後にフローリングワックスを重ね塗りする時のポイントをまとめておきます。

・重ね塗りは2〜3回までがベスト。

・重ね塗りする前には掃除が必須!

・出来るだけうす塗りを心がける。

うす塗りで2〜3回ほどなら強度も増して良いと思います。

2〜3回重ね塗りをしたら、次は剥がして再度塗り直し、というサイクルがオススメです。