オキシ漬け

お風呂のイスや洗面器、石けんケース等のバス用品、きれいになってますか?

がんばってこすらないと汚れが落ちない、
細かい部分は洗いにくい、
冬のお風呂場は寒いし、カビ取りもめんどくさい…!

そんな方にオススメなのが、バス用品のオキシ漬けです。
今回は2月1日放送の「得する人損する人」でカリスマ主婦・おさよさんがおすすめしていた方法を紹介します。
おさよさんはInstagramのフォロワー数28万人を持つ、片付けの達人です。

オキシ漬けに使う漂白剤はどれ?

酸素系漂白剤

オキシ漬けの『オキシ』とは?

オキシ漬けとは、酸素系漂白剤でつけおき洗いをすることです。

オキシ漬けの『オキシ』とは、『オキシクリーン』という商品名から来ています。
オキシクリーンは、酸素系漂白剤の1つです。
酸素系漂白剤はオキシクリーンの他にも、「過炭酸ナトリウム」等として売られています。

酸素系漂白剤とは?

酸素系漂白剤は水に溶けて発泡、
酸素の泡の力で汚れを分解します。

色柄物の服の漂白に使えるほか、
キッチン用品の焦げ落とし、洗濯槽のカビ取りなど幅広く使用することができます。
また、漂白だけでなく、除菌・消臭効果も併せ持っています。

酸素系漂白剤は、基本的に無臭です。
塩素や合成界面活性剤が配合されておらず、
塩素のツンとした臭いや洗剤によくある香料の香りもしません。
無臭だからこそ、様々な用途に使用しても高いお掃除効果を発揮できるのですね。

オキシクリーンと他の酸素系漂白剤は何が違う?

オキシクリーンはアメリカ生まれの酸素系漂白剤です。
「得する人損する人」でお馴染みの家事えもん・松橋周太呂さんが
オキシクリーンを使用
するWeb動画も公開されています。

オキシクリーンも他の酸素系漂白剤も、基本の使い方や効果は同じです。
オキシ漬けは、粉の酸素系漂白剤ならばどの製品を使ってもOKです。

ただ、酸素系漂白剤は洗濯用洗剤の売場で多く売られていますが、
オキシクリーンは販売店がまだ多くないようです。

オキシ漬けは粉の酸素系漂白剤ならばどの製品でもOK!
オキシクリーンは家事芸人・松橋周太呂さんがおすすめしているが、販売店は少なめ。

カリスマ主婦絶賛!バス用品のオキシ漬けのやり方

バス用品

用意するもの

・酸素系漂白剤(粉タイプ)
・梱包材(プチプチ)
・お風呂の残り湯
・ゴム手袋(手荒れ防止のため)

オキシ漬けのやり方

オキシ漬け

1、お風呂の残り湯に酸素系漂白剤を入れます。
 お湯100リットルに対して、酸素系漂白剤500~700グラムが目安です。

2、浴槽にバス用品を入れていきます。

酸素系漂白剤は金属や絹、皮製品などには使えません。注意書きをよく読んで、使用してください。

3、梱包材(プチプチ)を上に被せて、保温します。

4、お風呂を追い炊きします。
酸素系漂白剤は水温40~60度で最も効果が高まります。
追い炊きをすることで、風呂釜なども一緒にお掃除できます。

5、2時間ほど漬けたら、漬けておいたものを水洗いします。
 風呂釜や配管は湯はりをすることで、汚れが排出されます。

まとめ

オキシ漬けは、つけ置き洗いでバス用品がきれいになり、
しかもバス用品以外の物にも応用できるお掃除方法です。
ぜひ、オキシ漬けをお掃除に取り入れてみてください。