ノミ対策
私は犬猫のペットは飼っていないのですが、
たまに夏場に侵入する「はぐれノミ」に攻撃されてしまうことがあります。
ひどいかゆみで寝不足になるこの強敵は、
絶対に攻略しなければいけません。

アレルギー反応が酷いので、医師のもとへ赴いて専用薬をもらうとともに、
家庭内ではノミ殲滅作戦を開始いたします。

普段はほうきと雑巾ワイパーを主に使い、電気代のかからないエコ掃除を実施しているのですが、
この期間中だけは毎日、掃除機が稼働します。
この、掃除機の稼働を週一から毎日にする…と言うだけで、
他に変わった部分はありません。
(寝具のシーツ類をまめにかえる、毎日はたくという作業はしますが、
掃除に関しては特にありません。)

床部分をなめるように掃除機で行軍し、
ラグやカーペットの部分は特に念入りにかけます。
これを数日間かけることで、繁殖前のノミを撃退。

万が一に卵・サナギ状態で残ったとしてもかなりの確率で
殲滅させることができています。

過去数回、このように作戦は成功して刺されることはなくなるのですが、
私は念のため2-3週間ほどは連続で毎日掃除機をかけるようにしています。

サイクロン式の掃除機はこまめにたまったゴミを処理し、紙パック式は交換を。

人間よりも先に被害に遭いやすいペットと同居されている方は、
もうすでに念入りな対策を施されていると思うのですが、
ペットのいないご家庭ではパニック状態になってしまう場合もあると思います。

掃除機があれば撃退できる敵なので、慌てず行動を起こしましょう。
ノミ対策

掃除が好きになった現象、体験談

「お掃除苦手さん」が
「お掃除割と好きかもさん」にシフトする現象はよくあります。
実はこんなことを書いている本人の私も、以前は掃除が大の苦手でした。

ある時、キッチンの収納上部にびっくりするほどの汚れがついているのに気がつきました。
キッチンですから、ホコリと油汚れがまじって結合した、
手ごわいベトベト汚れです。
これを洗剤洗いで「撃退」するのには、
本当に時間と労力がかかってしまいました。

予定していた外出も途中で取りやめ、その日のスケジュールも
すっかり変えるはめになってしまったのですが、
それでもなぜか「ここでやめたくない!」と、
中途半端な状態で掃除を止めることを拒否する自分自身がいました。
そうして、どうにかこうにか、収納上部はきれいになりました。
満足感と言うよりは、もうすっかり疲れて
脱力感を感じるのみだったのですが、それでも終わりました。

数日後、ふとこの収納を見てみると、
何ともはや!早くもうっすらとホコリが積もっているのです。
ムカッと来て、思わず力任せに水拭きをした所、
それが数日前とは打って変わってするりととれたのに気がつきました。
この感触に驚愕した私は、それから

頻繁に収納上部を拭く

ようになったのです。

あの、初めの仁義なき戦いに比べて、この楽勝ぶりは一体??
ホコリはいつも、「ふっ…奥さん、アンタのマメさには負けたぜ…」
と言うかのように、するする落ちて行くのです。
勝てる勝負ほど、甘美に感じるものはありません。

こうしてためた掃除の難しさ、ためない掃除の楽さを思い知った私は、
以降汚れに対し連勝を極めるため、できるだけの頻度と短時間で勝負に挑んでいます。