やらなきゃいけないことはわかっているけど、
掃除と言う行為が本当に嫌でたまらない、と言う方。

あるいは、時々「掃除しなくちゃ!」と思い立って始めるものの、
それがなかなか習慣として定着しない方。

こういった方には、

ジョギング的なお掃除トレーニングをおすすめします。

ジョギングは、ある時急に十数キロの距離を走っても、
その後続かないようでは健康に対して全く効果はありません。

無理のないごく短いコースを、毎日毎日コンスタントに
走り続けることこそが大切なのです。

時には歩いても、何の差支えもありません。

その時の自分の状態に合わせたやり方で、
それでも「続ける」ということが重要です。

お掃除も同様で、毎日毎日、大掃除をきっちり繰り返す必要はありませんし、
結局のところそれで息切れしてしまったのでは意味がないのです。

掃除

例えば、

「うちは人が多いから、おトイレだけは
何とか毎日手入れするようにしてみようかしら」

と思い立った場合。

そういう自分のモチベーションを支えるために、

使いやすいお掃除シートを導入してみたり、
定期的にトイレブラシを新調したりします。

このように、

「汚れやすい場所・よく使う場所など」
一か所からで構いません。

ただ、

「今日は疲れているからやめておこうかしら」

「そんなに汚れていないから、いいか…」

と逡巡だけはしないこと。

自問せずにひたすら掃除するのみです。

このように、まずは「掃除する」という行動を
習慣として体に沁み込ませることが、第一歩なのです。

だいたい2週間続けると慣れますので、
まずは2週間連続!をめざして、頑張ってみましょう。