スポンサーリンク

子供の頃、部屋の天井近くにあるシミについて母に聞くと、
「アンタの鼻血よ」と言われ、そんなワケあるか!と思っていましたが、
親になってわかりました。

子供の鼻血は、かなり広範囲に飛び散ります。
鼻血を出しながらクシャミでもしようもんなら…
考えただけでもゾッとします。

わざと汚したのではないし、仕方ないのですが、
白い壁に血のシミがつくとショックですよね。

壁紙に血液がついてしまったら、
どうやって落とせばいいのでしょうか。

基本中の基本!血液にお湯はNG!

壁紙についた血液の落とし方について、必ず知っておかなければならないのは、
お湯を使うのを避けるということ。

血液はタンパク質です。

タンパク質は温めると固まる性質があるので、
お湯を使って拭くと血液汚れが落ちにくくなってしまいます。

血液汚れは、すぐに拭き取れば
水拭きだけで落ちる場合もあります。

汚れがついた直後に拭き取る際も、
お湯ではなく水に濡らした雑巾やタオルをつかいましょう。

壁紙の血液汚れの強い味方、オキシドール

『オキシドール(薄い過酸化水素水)』
という言葉に懐かしさを感じる人も多いのではないでしょうか。

中学校の理科の実験で使いましたよね。
二酸化マンガンと混ぜ、酵素を発生させるアレです。

ドラッグストアなどで、消毒液として売られています。

血液汚れには、オキシドールを使う落とし方が効果的です。

先述の通り、血液はタンパク質です。
オキシドールはタンパク質を分解する働きがありますので、
血液汚れの強い味方なんです。

壁紙の汚れにはオキシドールを使った落とし方

壁紙の血液汚れの部分を、
オキシドールを染み込ませた布やキッチンペーパーで
トントンと叩いてください。

血液とオキシドールが反応して、白い泡のようになります。
血液が分解されている状態です。

この泡を丁寧に拭き取り、最後に水拭きするだけです。

血液汚れが広範囲なら、スプレーで噴きかけたり、
キッチンペーパーを貼り付けたりする方法もあります。

いずれも、壁からオキシドールが垂れてきますので、
雑巾やタオル、キッチンペーパーなどを使い、
下に垂れていくのを防いでください。

まとめ

白い壁紙に血がついてしまっても、
すぐに拭き取れば水拭きだけでも跡が残らない場合もあります。

まずは水拭き、時間が経ってしまったら
オキシドールを使ってみてください。

案外、簡単に血液の色が落ちますよ。

ただし、どんなに寒い時期でも、
お湯で掃除するのは厳禁です!

スポンサーリンク