スポンサーリンク

落書き落とし

お絵描きが出来るようになった子供にとって、
リビングの壁は大きなキャンバス。

ひとたび鉛筆を手にしたらあちこちに落書きしだします。

小学生になると、一生懸命文字を書いて
黒くなった握り拳の側面を白い壁に擦ったり、
自分の名前を壁に書いたり…

家の中に子供がいると、結構な頻度で壁を鉛筆で汚されます。

思い出として落書きはそのままにしている、という人もいますが、
そうじゃない人にとっては面倒くさい問題ですよね。

どうやって鉛筆汚れを落とせばいいのでしょうか。

壁紙の鉛筆汚れには、先ずは消しゴムで消してみる

鉛筆ならば、消しゴムで消えるはず。

壁紙に書いた鉛筆も、消しゴムで消すことができます。
気を付けるべきは、消しゴム自体が汚れていない事。

使いさしの消しゴムは黒くなっているので、
逆に汚れがついてしまうこともあります。

新しい消しゴムを使うか、消しゴムをカットして、
綺麗な面を作ってください。

壁紙が削れてしまう可能性もあるので力を入れず、
軽く擦るだけで大丈夫です。

消しカスが出ますので掃除機も必要ですね。

広範囲に渡る鉛筆の落書きは消しゴムじゃ大変!

小さな落書きなら消しゴムで消せば解決ですが、
広範囲に渡る落書きは全て消しゴムで消すのは大変です。

そんなときは、セスキ炭酸ソーダや重曹を使ってみてください。

どちらもお掃除グッズとして、ドラッグストアや100均で売られています。
スプレータイプが便利ですね。

汚れている部分にシュッと噴きかけ、
雑巾やタオルで拭き取ってください。

もし汚れが取れにくかったら、
掃除用の歯ブラシで擦ったり、スポンジで磨いたりするとより綺麗になります。

ただし、力を入れすぎると、
壁紙を傷めてしまいますので、軽く優しく掃除してください。

水だけで鉛筆汚れを落としたい人には、メラミンスポンジがオススメ

セスキ炭酸ソーダや重曹のスプレーを使うのはちょっと…という人は、
メラミンスポンジを使ってください。

小さい汚れならキューブタイプ、
広範囲の汚れならスポンジタイプのものを、
水で濡らし優しく磨き、最後に水拭きしてください。

壁紙の汚れを落とそうと、
ついつい気合いを入れてしまいがちですが、
いずれの方法も力を入れすぎては
壁紙を傷めてしまう可能性があるので気をつけてください。

まとめ

消しゴムやセスキ炭酸ソーダや重曹、メラミンスポンジがあれば
ほとんどの鉛筆落書きは落とせるでしょう。

子供が壁紙に鉛筆で落書きしてしまっても
あまり怒らないで、きれいにしてあげたいですね♪

スポンサーリンク