身近なドラッグストアや100均で手に入る重曹とクエン酸。

2つをストックしておくと別々に使ったり、合わせて使ったりすることも出来ちゃうんです!

1. 重曹、クエン酸それぞれの使い方って?!

A. 重曹の使い方

重曹には食用に使えるものとそうでないものがあるので、食用を買っておくと万が一口に入っても安心です。

入浴剤や薬、ふくらし粉にも使用されているので体にとっても優しいんです!

重曹は弱アルカリ性で水に溶けにくい性質をしています。

なのでお鍋の焦げにクレンザーとして使えます

さらに消臭効果もあるので洗濯する時に一緒に重曹を入れたり、重曹をお茶パックに入れて靴の中に置いておくと臭いが無くなったりと万能なんです!

B. クエン酸の使い方

クエン酸は漢字の通り、酸っぱい成分です。

主に柑橘系や梅干しに多く含まれている成分になります。

重曹がアルカリ性なのに対して、クエン酸は酸性の性質を持ち、水に溶かしてスプレーとして使うと便利です。

クエン酸が効く汚れは、水垢やトイレの黄ばみ、タバコのヤニや臭いに効果的です。

2. 最強クリーナーを作る比率ってある?!

重曹とクエン酸って真逆ですよね。

そんな2つを合わせることによってあることが起きます!

2つを合わせると二酸化炭素が発生してシュワシュワと泡立つんです!

この泡立ちを利用して掃除をします。

重曹2に対してクエン酸1の比率がベストです。

クエン酸をこれ以上に入れすぎてしまうと重曹とクエン酸の中だけで完全中和してしまうので汚れを落とすことが出来ません。

様子を見ながら合わせてみてくださいね。

3. 酸とアルカリ、混ぜたら危険なガスが出る???

2つを合わせると二酸化炭素が発生するといいました。

有害ガスではないので吸っても大丈夫です!

しかし気泡が出来ている時に覗き込んで顔を近付けると気分が悪くなる場合もあります。

二酸化炭素は重く下に溜まる性質があるため顔を近付けすぎないことです。

また掃除をする際は窓を開けたり、換気扇を回したりすることをオススメします。

1番気を付けなければいけないのが、漂白剤と混ぜないことです!

漂白剤を使う時は日を改めて使うようにしましょう。

4. キッチンの排水口の臭い、ぬめりに、使えるの???

排水口に手を突っ込んで綺麗に掃除・・・あまりやりたくないですよね。

2つの組み合わせは殺菌消臭効果があるので排水口の臭いやぬめりに最適です!

ゴミ受けなどを取り除き、重曹を振りかけてからクエン酸を少しずつ振りかけます。

シュワシュワと泡が出ない場合は少し水をかけると泡立ちます。

泡が発生したら5分から10分置いてからぬるま湯で流してしまいます。

すると汚れピカピカになっています!

ヘドロの臭いが凄かったのですが、使用後は底か見えるほどになりました。

5. お風呂の排水口にも秀逸だって聞いたけど?!

キッチンの排水口と同様に掃除してみてください。

5分10分待っている間に蛇口の水垢をクエン酸で、床や浴槽に付いてしまう湯垢を重曹で掃除すると一石二鳥ですね!

シャワーヘッドの汚れにも重曹とクエン酸が大活躍です!

バケツにそのままシャワーヘッドを入れて重曹とクエン酸の泡で穴に詰まった汚れもスッキリ取れますよ!

6. 排水口のつまりに効果、あるみたい???

キッチン、お風呂、ベランダにも排水口はありますよね。

その排水口が詰まってしまうこともあると思います。

私たちの皮脂や髪の毛、石鹸カスなど様々な汚れが原因で詰まるかと思います。

逆流して業者を呼ぶ前に綺麗さっぱり詰まりを取り除いてしまいましょう!

取れる範囲のゴミは取り除いてしまいましょう。

あとは同じ手順です。

置いておく時間を1時間ほどにして勢いよくお湯で流してしまいましょう。

配管にこびり付いた汚れも水圧で洗い流してしまいましょう。

それでも取れなかった汚れは歯ブラシなどで落とすといいですよ!

7. まとめ

重曹とクエン酸をいつも家庭にストックしておけば、ありとあらゆる汚れを落とすことが出来ます。

またどちらも食用のものを用意しておくと、安心に使えますね!

クエン酸がない場合にはご家庭の酢でも代用することが出来ます。

手肌や環境に優しい重曹とクエン酸でお家の汚れをピカピカにしてみてくださいね!