赤ちゃんがハイハイをする時期になって、フローリングが気になった事はありませんか?

フローリングって何もしないでおくとつるつるになって滑りやすくなりますよね。

赤ちゃんはハイハイからヨチヨチ歩きもすぐです。

そんな赤ちゃんの為にフローリングワックスで環境を整えてみませんか?

フローリングワックスって何?

フローリングワックスとは、フローリングのコーティングをしてくれるものです。

ワックスと言えば、昔よく学校でニオイのきつい床ワックスを使っていましたね。

ですが最近のフローリングワックスを検索してみると、匂いを抑えたものや天然成分にこだわったものも多くあります。

フローリングワックスを塗るとフローリングの表面がコーティングされて、キズや汚れからフローリングを守ってくれる上に歩きやすさも変わります。

赤ちゃんに安全なフローリング環境とは?

赤ちゃんは成長と共にハイハイからヨチヨチ歩きもするようになります。

そんな時につるつると滑りやすいフローリングでは心配ですよね。

それに、汚れやすいフローリングでは衛生面も心配です。

なので赤ちゃんに優しい環境を作るには、適度に滑りにくく清潔に掃除しやすいフローリングを目指しましょう。

赤ちゃんに安全なフローリングワックスを選ぶ時に気をつけるポイントは?

フローリングワックスには種類がたくさんあります。

基本的にフローリングをコーティングする事は変わりませんが、コーティング材の成分や仕上げが違います。

赤ちゃんは大人より床に近い分、気になりますよね。

赤ちゃんに優しいものを選ぶ際のポイントは

  • 天然成分が使われているもの
  • 水をはじく撥水のもの
  • 汚れがつきにくいもの

赤ちゃんは床を舐めてしまったり、ハイハイの後に手を舐めてしまうこともあるでしょう。

そんな時に天然成分を使っているものなら安心です。

最近では米ぬかを使ったものや天然の蜜ろうなどを使ったものもあり、赤ちゃんには優しいものが増えています。

また、撥水や汚れがつきにくいものも、お掃除がしやすいので衛生面もばっちりです。

おすすめの天然成分ワックス

AURO No.431

あらゆる木材フローリングに適合する万能タイプのメンテナンスワックスです。

既存のワックスを長持ちさせるとともに床の汚れを落とします。

未晒し蜜ロウワックス(Cタイプ)

蜜蜂と植物の力を借り、自然の環境を生かしたシンプルなエコワックスです。

手袋や刷毛、マスクがいらず、スポンジだけで気軽にワックスがけができます。

まとめ

さて、いかがだったでしょうか。

最後に、赤ちゃんに優しいフローリング環境を整えるポイントをまとめておきます。

  • フローリングワックスで適度に滑りにくい床にする
  • フローリングワックスは天然成分のものを選ぶ
  • さらに水をはじく撥水のものや汚れに強いものを選ぶ

ぜひ以上を参考に、ご家庭に合ったワックスを選んでみてください。

スポンサーリンク スポンサーリンク