2020年2月3日(月)放送の有吉ゼミで紹介された
掃除方法がとても良かったですね。

芸人であり掃除マニアとしても知られる、
どきどきキャンプの佐藤満春さん(通称・サトミツさん)が、
10年間掃除していないという
『汚部屋』を見事に綺麗に掃除していました。

そんなサトミツさんの掃除方法について、

・10年間掃除をしていない『汚部屋』って?!
・お風呂の水垢をキレイに掃除する方法は?
・料理をしないキッチンのシンクは水垢汚れがメイン!

を調べてみました。

記事の後半には
過炭酸ナトリウムを使って風呂釜と小物を
掃除している動画も紹介しますね。

そちらもチェックしてみてください。

10年間掃除をしていない『汚部屋』って?!

有吉ゼミでロケに使われた『汚部屋』は、
芸人・トムブラウン布川さんのお兄さんが実際に住むお部屋。

あまりの汚さに、テレビの前で引いてしまう
視聴者の声がSNSで見られる程でした。

この『汚部屋』が、ピカピカになる掃除方法があるなんて!
有吉ゼミの掃除方法を説明していきます。


お風呂の水垢をキレイに掃除する方法は?

サトミツさんがお風呂の掃除に使用したのは
過炭酸ナトリウム』です。

清掃業界では、『カタナ』と呼ばれています。

サトミツさんはまず、浴槽に40℃のお湯をはり、
その中に『カタナ』をドバッと投入しました。

たちまち発泡、活性酸素が汚れを分解し、
汚れが浮かび上がってきていました!

シャワーヘッドも浴槽につけ置けば、
まとめて掃除できますね。

これでお風呂全体の湯垢や石鹸カスは落ちます。

お風呂の硬い水垢落としは?

お風呂の硬い水垢を落とすには
過炭酸ナトリウムを少量のお湯で溶き、
ペースト状にして使います。

付け置き出来ないシャワーヘッド、ドア下部分には、
ペーストを塗りラップで20分パックしていました。

仕上げに出てきたのが、不織布スポンジ。

よくあるスポンジの硬い面だけのものです。
わたしもよく使います。

この硬いながらも弾力のある不織布スポンジで磨くと、
スルスル汚れが落ちていました。

以上の工程で、お風呂は見違えるようにピカピカに!

キッチンのシンクも水垢汚れがメイン!

トムブラウン布川さんのお兄さんは、
キッチンで料理をすることがない
というか、したくても出来ない状態でしたが…

シンクの汚れは油汚れよりも水垢がメイン
と分析したサトミツさん。

水垢汚れや石鹸カス汚れには、
アルカリ性の性質があるのでクエン酸が有効です。

そこで、
200mlのお湯+クエン酸小さじ2のスプレー
を汚れに吹きかけ、キッチンペーパーでパック。

アルカリ性の汚れを、クエン酸が中和してくれ、
拭き取りやすくなります。

また、粉状のクエン酸は、研磨剤の役割もあるので、
シンクについた赤カビ・黒カビは、
クエン酸をふりかけ、スチールウールで磨くとピカピカに。

目をそらしたくなるような状態だった
シンクも、見事綺麗になりました。

まとめ


ここまでで
有吉ゼミで紹介された掃除方法について、

・10年間掃除をしていない『汚部屋』って?!
・お風呂の水垢をキレイに掃除する方法は?
・料理をしないキッチンのシンクは水垢汚れがメイン!

を調べてみました。

いかがでしたか。

清掃マニアというだけあって、サトミツさんは市販の洗剤を使わず、
それぞれの汚れに合った成分を自ら配合していました。
わたしも参考になります。

トムブラウン布川さんのお兄さん、
あんなに綺麗に掃除してもらえて良かったですね。
ナイスレスキュー!でした。

でも掃除屋としては汚部屋の掃除はできれば避けたいお仕事です。

スポンサードリンク