アトピーを持っているという方、もしくはお子様がお持ちという方はけっこう多いんじゃないでしょうか。

ちょっとした刺激でもかゆみが出るのでかきむしってしまって血が出るなどお悩みもありますよね。

乳幼児や小さなお子様だと特に寝具やカーペットなども気になりませんか?

もしダニがいたらダニ刺されとかかぶれのような症状が起こったら、なんて心配になる方もいらっしゃると思います。

そんなあなたに、今回は心配なダニへの対策にオススメな「ダニ捕りロボ」をご紹介したいと思います。

アトピー性皮膚炎とダニの関係は?

アトピー性皮膚炎のかゆみの原因で多いのが「ダニ」による刺激です。

「ダニって喘息とかだけじゃないの?」と思われるかもしれませんが、実はアトピー性皮膚炎の原因にもなっているんですよ。

ダニは生きているものはもちろん、死骸でも人の肌に影響を与えてきます。

アトピー性皮膚炎を持っている方の肌は、基本的に肌のバリア機能が弱い状態で非常にデリケートです。

そこにダニ刺されだったり、ダニの死骸が粉々になったものが付着するとかゆみの原因になるんです。

アトピー性皮膚炎のかゆみから身を守るには、やっぱりダニ対策は必要ですね。

ダニ対策をしっかりすればアトピーのかゆみはおさえられる!

ダニ対策と言えば、みなさんは何を思い浮かべますか?

こまめにお布団を干す、シーツを洗濯したりといった感じでしょうか。

ソファーやカーペットは洗いにくいから掃除機をしっかりかけるなどでしょうか。

これらは確かにダニ対策にとって大事です。

でも、これだけではダニはなかなか減りません!

ダニって実は意外と強いもので、50度以上の熱でないと死なないんです。

だから布団の中に潜んでいるダニなんかだと、日光に当てるくらいでは死滅しないんです!

布団乾燥機を使っても、ダニを死なせることが出来たとしてもその死骸までは取り除けません。

かといって掃除機をゴシゴシかけるのもなかなか難しいし、お布団も傷んでしまいます。

そこでオススメなのが日革研究所の「ダニ捕りロボ」というダニ捕りマットです!

「ダニ捕りロボって何?」という方も後ほど詳しくご説明していきますね。

なんで「ダニ捕りロボ」はダニ対策にオススメなの?

日革研究所が開発した「ダニ捕りロボ」は、簡単に言うとダニを生きたまま誘い込んで死滅させることが出来るダニ捕りマットなんです。

ダニ捕りロボの仕組みとしては、特殊なマットにダニを誘う成分が含まれていて、そこに入ってきたダニが乾燥させられて死滅するというものなんです。

マットに使われている誘引剤も天然由来の成分だから、もちろん赤ちゃんにも安心です。

でも、ロボって言うからには大がかりな機械とかじゃないの?なんて思いますよね。

実はそんなことはなく、ダニ捕りロボはとても簡単に使えるものなんですよ。

ダニ捕りロボは簡単に使えてダニを減らせる!

ダニ捕りロボは、特殊マットをメッシュケースのような薄い専用ケースに入れて置くだけで使えるのでとってもお手軽です。

使い方は、ダニ捕りロボを気になるところに設置しておくだけなんです!

布団のダニが気になるなら布団の下、カーペットなら下に、ソファーも座るところの裏や端に挟み込んでおけばOKです。

あとはそのまま放置で3か月効果が期待できます。

一度ダニ捕りロボの中に入ったダニも出てこないので安心です。

3か月経ったら、マットを交換してあとは捨てるだけで良いので手間もかからないんですよ。

ダニ捕りロボは店頭ではあまり販売していませんので、ネット通販で購入しましょう。

アマゾンや楽天でも販売していますが、公式サイトなら割引など特典満載でオススメですよ。

1回のみの購入も出来るので、試してみて気に入った方は定期購入もオススメです。

サイズもプチサイズからラージサイズまであるので、気になる色んなところに使えて便利ですよ。

ちなみに、公式サイトでは今なら15周年キャンペーンや、LINEの友達登録でクーポンがもらえます!

まとめ

今回はアトピー性皮膚炎とダニの関係やダニ捕りロボについてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

アトピー性皮膚炎って激しいかゆみが出て血も出ますから、小さなお子様だと本当に心配ですよね。

アトピー改善のために「ダニ捕りロボ」を使用してみませんか?

気になったあなたはぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク スポンサーリンク