みなさんのお宅ではフローリングワックスを使われていますか?

もしかしたら千円前後くらいの価格でけっこう高いと感じている人もいるかもしれません。

フローリングワックスの「代用」になるものがあったら嬉しいでしょうか。

実は代用できるものが色々とあります。

今回はそんなフローリングワックスの代用品をご紹介したいと思います。

フローリングワックスに含まれる主な成分と役割

フローリングワックスの成分はいくつかありますが、多くの場合は「アクリル樹脂」が使われています。

このアクリル樹脂が床をコーティングすることでいくつかのメリットがあります。

床を保護してくれる

スリッパの擦りキズや物を引きずったキズ、ペットのひっかきキズから守ってくれます。

ツヤが出て明るくなる

フローリング表面の細かなデコボコがアクリル樹脂によって滑らかになるので、ツヤが出て陽の光が反射するので部屋が明るくなります。

お掃除がしやすくなる

フローリング表面の凹凸にホコリやゴミが挟まりにくくなるのでお掃除もラクになります。

 

以上のように、フローリングワックスを塗っておくのは多くのメリットがあります。

実はこんなものでフローリングワックスの代用品になります!

さて、フローリングワックスのメリットはわかりました。

ワックスの代用品となるものがあるでしょうか。

フローリングワックスの代用として使えるものはいくつかあります。

お米のとぎ汁

これはお米を洗う時に出る一番最初に捨てる水を使います。

この水には米ぬかの成分が含まれていて、これが重要なんです。

お米のとぎ汁に雑巾を浸してかたく絞ってフローリングを拭いてみてください。

きっと汚れも取れてフローリングがツヤツヤになると思います。

成分もお米なので小さいお子様がいるご家庭には特にオススメですよ。

乳液

乳液ってあんまり量を使わないので余ったりしませんか?

実はその乳液をフローリングに垂らして、タオルで拭いてあげるとツヤツヤになるんです。

乳液には水分と油分が含まれているので、水拭きしてワックスをかけるのとにているんです。

また拭いている間も乳液ですから手にも優しいですね。

コンディショナー

コンディショナーには「界面活性剤」という成分が含まれています。

実はこれが意外と良い働きをしてくれます。

コンディショナーを水で薄めたものを雑巾につけてフローリングを拭いてあげると汚れも落とせてツヤツヤになります。

しかも界面活性剤の性質で静電気を大気中に逃がしてくれる為、フローリングや家具などを拭いてあげるだけでホコリがつきにくくもなるんですよ。

お掃除の手間も減るのは嬉しいですね。

それはちょっと待った!フローリングワックスや代用品でも適さない床もあります!

さて、ここで1つ注意です。

実はフローリングワックスも先程ご紹介した代用品も塗れない、もしくは塗りにくい床もあるんです。

無垢材

これはいわゆる天然素材ですね。

木をそのまま加工しただけなので、水分を含むと変色してしまうので適していません。

ノンワックスフローリング

これは最近の新築などに多いもので、UVコートの加工をしてあるものです。

これも特殊な加工がしてあるものなので素人が触るには難しいと思います。

以上のような床材については、ハウスクリーニング業者さんなどに相談してからにしましょう。

まとめ

さて、いかがだったでしょうか。

半年に1度フローリングワックスをしっかり塗るのも良いですが、日頃から出来そうな代用品でのケアも良いかもしれませんね。

  • 米ぬか
  • 乳液
  • コンディショナー

どれも捨ててしまいがちなものですが、かしこく代用してエコに節約しましょう。